ダウンロード  画面例  購入方法  製品情報
Suspicious USB Shutout Ver. 1.0.2



はじめに

Suspicious USB Shutoutは使用を許可するUSBメモリー等のリムーバブルメモリーのシリアル番号をサーバーに登録しておき、クライアントにその登録リストを配布し、クライアント側ではその登録リストに登録されているUSBメモリーのみの使用が可能となるシステムです。

情報漏洩防止のため、物理的にUSBインターフェイスを取り去ったPCを使用する場合もありますがその場合、以下のような問題が生じます。
  • 特注PCとなるのでコストがかさむ。
  • メモリー以外のUSBインターフェイスのプリンタ、或いは無線LANアダプタの接続や、携帯電話を接続して出張先からのダイアルアップ接続も不可能となる。
  • 障害発生時のメモリダンプやログの収集が困難。
本ソフトウェアはそれらの問題を解決します。

ISO27001を取得している又は取得を目指している企業の皆様にも有用なシステムです。

USBメモリーの使用を完全に禁止する場合、サーバー上の登録リストを空にしておくことにより可能であり、登録したUSBメモリーのみは使用を許可するような指定も可能です。また、タイマーによって定期的に、或いはリクエストによってクライアント側の登録リストが更新されますので、登録したUSBメモリーを管理者が貸し出し、そのUSBメモリーを使用する必要がなくなった時点でサーバー上の登録リストから取り除くことにより、USBメモリーの使用を禁止するような運用も可能です。
いずれの場合も、その他のUSBインターフェイスの機器は接続できます。
また、Suspicious USB Shutoutのクライアントプログラムの停止やアンインストール情報をサーバーに吸い上げ、表示、印刷する機能も有しています。

USBメモリーの管理方式は以下の通りです。
  • シリアル番号が管理リストに登録されている番号と一致したものは使用を許可する。
  • シリアル番号とユーザ名(ログイン名)が管理リストに登録されているものと一致したUSBメモリーはそのユーザーがログインしている間、マシンの違いを問わず使用を許可する。
  • シリアル番号とマシン名が管理リストに登録されているものと一致したUSBメモリーはそのマシンにおいてユーザーの違いを問わず使用を許可する。
  • シリアル番号、ユーザ名(ログイン名)、及びマシン名が管理リストに登録されているものと一致したUSBメモリーは指定されているユーザーが指定されているマシンにログインしている間のみ使用を許可する。
クライアントがサーバーにUSB登録リストを要求するタイミングは以下の通りです。
  • クライアントの初回起動時等、登録リストがクライアントに存在しない場合にクライアントが起動されたとき。
  • クライアントからのユーザーの手動操作によるリクエスト時。
  • クライアントに初期設定されたタイマーによるリクエスト時。
サーバーへ吸い上げる情報
  • Suspicious USB Shutoutの終了やUninstall情報等。
Suspicious USB Shutoutの詳細機能はこちらです。
Suspicious USB Shutoutコンソールのオンラインヘルプにも同じ内容が記載されています。

本システムは以下のプログラムで構成されます。

プログラム一覧

サーバー(対応OS:Windows 2000, Windows XP, Windows 7, Windows 8.1, Windows 10)
1.susRetriever サーバープログラムです。クライアントからのUSBメモリー管理リストのリクエストに対する送信や、Suspicious USB Shutoutの終了やUninstall情報等のクライアントから送信されてきた情報のデータベースへの格納を行います。
2.susConsole データベースに格納された情報の表示やUSB管理リストの編集を行います。

クライアント(対応OS:Windows 2000, Windows XP, Windows 7, Windows 8.1, Windows 10)
1.susWatcher USBメモリーの使用を管理リストに従ってコントロールします。


はじめに  画面例  購入方法  製品情報
ダウンロード

以下のリンクよりファイルをダウンロードできます。

Suspicious USB Shutout Ver. 1.0.2(6,258,078Byte)

ファイルをダウンロードして解凍すると以下のファイルが展開されます。

ClientComponent クライアントのインストールコンポーネントです。
USBメモリーの使用を管理リストに従ってコントロールします。
本システムでは1つのライセンスで複数のPCにクライアントプログラムをインストールすることが出来ます。
susClientSetup.exe
クライアント用セットアッププログラム
susClientInit.ini
クライアント用初期値設定ファイル
ConsoleComponent コンソールプログラムのインストールコンポーネントです。
データベースに格納された情報の表示やUSB管理リストの編集を行います
本システムでは1つのライセンスで複数のPCへコンソールプログラムをインストールすることが出来ます。
サーバープログラムをインストールした時点でコンソールプログラムはサーバーにインストールされますがサーバー以外のPCにもコンソールプログラムをインストールする場合、こちらをご使用下さい。
susConsoleSetup.exe
コンソールプログラムセットアッププログラム
HelloWorld 本システムはMicrosoft .NET Frameworkを使用します。
Microsoft .NET FrameworkがインストールされていないPCに対してMicrosoft .NET Frameworkをインストールするためのダミープログラムのインストールコンポーネントです。
setup.exe
HelloWorldのセットアッププログラム
HelloWorldSetup.msi
HelloWorldのセットアップデータ
ServerComponent サーバーのインストールコンポーネントです。
クライアントからのUSBメモリー管理リストのリクエストに対する送信や、Suspicious USB Shutoutの終了やUninstall情報等のクライアントから送信されてきた情報のデータベースへの格納を行います。
本システムでは1つのライセンスで1台のPCへのみサーバープログラムをインストールすることが出来ます。
susServerSetup.exe
サーバー用セットアッププログラム
コンソールプログラムもインストールされます。
getinfodisk122x.lzh 弊社作成ソフトウェア「GetInfoforDisk」です。
USBメモリーのシリアル番号を取得する方法はいろいろありますが、本ソフトウェアでも取得することが出来ます。
圧縮されたlzhファイルを解凍してお使いください。
susRetrieverの常駐登録.pdf susRetrieverの常駐登録についての記述です。
INIファイルパラメータ設定.pdf クライアントにインストールする際に使用するINIファイルについての記述です。
各ユーザにClientComponentを配布する前にお読み下さい。
readme.pdf 最初にお読み下さい。

はじめに  ダウンロード  購入方法  製品情報
画面例

USBリスト一覧の表示


ユーザ操作の表示


はじめに  ダウンロード  画面例  製品情報
購入方法

◆ユーザー登録について

Suspicious USB Shutoutは最初の御利用から30日間は全ての機能が通常どおりご利用頂けますが、継続して御利用になられる場合は、ユーザー登録および代金のお振込みをお願いしています。
ユーザー登録をしていただき、お客様からのご入金が確認され次第、弊社より解除キーを送付させていただきます。
ユーザー登録はE-Mailにて、貴社名、部署名、担当者名、住所、TEL、FAX、E-Mailアドレスをお送りください。こちらより、振込みのお願いメールを送りますのでその後、ご送金ください。
また、Vectorでもご購入いただけます。


   ユーザー登録


◆ご送金方法について

以下の口座に振り込みください。なお、振込み手数料につきましては、お客様のご負担とさせて頂きます。予めご了承ください。

製品価格 \64,800(税込)

振込先
銀行
口座番号
名義人
三菱東京UFJ銀行 大塚支店(店番:171)
(普)1585948
ユ)シナジック


お振込み頂いた後の返金は基本的に行いません。テスト版(期間内)にて十分ご検討、ご確認いただいてからお振込みください。


   お問い合わせ




当ホームページに掲載された記事・写真・イラスト等の無断転載を禁じます。
Copyright (C) 2010-2017 Synergic inc. All rights reserved.