ダウンロード  画面例  購入方法  製品情報  その他
Process Running Monitor Ver. 1.1.3



はじめに

Process Running Monitorは各PCで稼動したプロセス名を定期的に取得し、どのユーザが、いつ、どのようなプログラムを使用したかを一元管理するシステムです。
未知、不審なプログラム、ゲーム等業務に無関係、或いは許可されていないプログラムの稼動を検知するのに有用です。
タスクマネージャーは「」稼動しているプロセスを表示するのに比べ、Process Running Monitorは「今までに」稼動したプロセスも対象とし、表示します。
監視する各PCにprmクライアントソフトをインストールし、管理情報を格納する管理マシンにprmサーバーソフトをインスールすることにより上記情報をネットワーク経由でサーバー(管理マシン)に集積し、その情報の表示、印刷を行います。
  • OS関連のプロセス等、常に稼動し、データベースに格納してもデータベースの容量を圧迫し、表示データが増えるだけであまり意味がないプロセスを除外することも出来ます。
ISO27001を取得している又は取得を目指している企業の皆様にも有用なシステムです。

スタンドアロン型のProcess Running Monitor Personalも用意してございます。

監視種別は以下の通りです。
  • プロセス稼動
    • プロセスの稼動を監視します。
  • prmWatcher終了
    • Process Running Monitorのクライアントソフトが終了されたことを監視します。
    • 終了したクライアントソフトは自動的に再起動されます。
  • prmWatcher作動監視プログラム終了
    • Process Running Monitorのクライアントソフトの作動状況の監視プログラムが終了されたことを監視します。
    • 終了した監視プログラムは自動的に再起動されます。
  • prmWatcher Uninstall
    • Process Running MonitorのクライアントソフトがUninstallされたことを監視します。
監視により取得する情報は以下の通りです。
  • 稼動検知日時
    • プロセスの稼動を検知した日時。
  • ユーザ名
    • プロセスを稼動したユーザ名。
  • マシン名
    • プロセスが稼動されたマシン名。
  • プロセス名
    • 稼動したプロセス名。
  • プログラム名
    • プロセスに対応したプログラム名(例:notepadの場合、メモ帳など)。
  • その他
    • Process Running Monitorの終了やUninstall情報等。
Process Running Monitorの詳細機能はこちらです。
Process Running Monitorコンソールのオンラインヘルプにも同じ内容が記載されています。

本システムは以下のプログラムで構成されます。

プログラム一覧

サーバー(対応OS:Windows 2000, Windows XP, Windows 7, Windows 8.1, Windows 10)
1.prmRetriever サーバープログラムです。クライアントからデータを受信し、DBに書き込みます。
2.prmConsole DBに入っているデータの表示及び印刷を行います。

クライアント(対応OS:Windows 2000, Windows XP, Windows 7, Windows 8.1, Windows 10)
1.prmWatcher クライアントのプロセス稼動状況を監視し、そのプロセス情報をサーバーに送信します。


はじめに  画面例  購入方法  製品情報  その他
ダウンロード

以下のリンクよりファイルをダウンロードできます。

Process Running Monitor Ver. 1.1.3(9,221,917Byte)

ファイルをダウンロードして解凍すると以下のファイルが展開されます。

ClientComponent クライアントのインストールコンポーネントです。
プロセスの稼働状況等を監視してその情報をサーバーに送信します。
本システムでは1つのライセンスで複数のPCにクライアントプログラムをインストールすることが出来ます。
prmClientSetup.exe
クライアント用セットアッププログラム
prmClientInit.ini
クライアント用初期値設定ファイル
ConsoleComponent コンソールプログラムのインストールコンポーネントです。
データベースに格納された情報の表示や各種設定を行います。
本システムでは1つのライセンスで複数のPCへコンソールプログラムをインストールすることが出来ます。
サーバープログラムをインストールした時点でコンソールプログラムはサーバーにインストールされますがサーバー以外のPCにもコンソールプログラムをインストールする場合、こちらをご使用下さい。
prmConsoleSetup.exe
コンソールプログラムセットアッププログラム
HelloWorld 本システムはMicrosoft .NET Frameworkを使用します。
Microsoft .NET FrameworkがインストールされていないPCに対してMicrosoft .NET Frameworkをインストールするためのダミープログラムのインストールコンポーネントです。
setup.exe
HelloWorldのセットアッププログラム
HelloWorldSetup.msi
HelloWorldのセットアップデータ
ServerComponent サーバーのインストールコンポーネントです。
クライアントから送信されてきた情報をデータベースに格納します。
また、データベースに格納された情報の表示や各種設定を行うコンソールプログラムも含まれています。
本システムでは1つのライセンスで1台のPCへのみサーバープログラムをインストールすることが出来ます。
prmServerSetup.exe
サーバー用セットアッププログラム
コンソールプログラムもインストールされます。
prmRetrieverの常駐登録.pdf prmRetrieverの常駐登録についての記述です。
INIファイルパラメータ設定.pdf クライアントにインストールする際に使用するINIファイルについての記述です。
各ユーザにClientComponentを配布する前にお読み下さい。
readme.pdf 最初にお読み下さい。
Process.csv コンソールプログラムで各種情報を表示する際に使用するプロセスとプログラム名の対応データサンプルです。
Except.txt クライアントから送られてくるプロセス情報から、データベース格納の対象から除外するプロセス名を定義したTextファイルのサンプルです。

はじめに  ダウンロード  購入方法  製品情報  その他
画面例

稼動プログラム一覧の表示


その他の表示


はじめに  ダウンロード  画面例  購入方法  製品情報
その他

監視対象から除外するプロセス、プロセスに対応するプログラム名の指定はそれぞれTextファイルやCSVファイルで指定します。

それらのファイルを作成する場合、手入力によって作成することも可能ですが、雛形となるプロセス名を抽出する場合は、コンソールプログラムで何れかの画面を表示し、プロセス名をクリックして画面の下の方までクリックしたままマウスを移動し、


「CTRL+C」でコピー後、メモ帳などに貼り付けることにより簡単に取り出すことが出来ます。



はじめに  ダウンロード  画面例  製品情報  その他
購入方法

◆ユーザー登録について

Process Running Monitorは最初の御利用から30日間は全ての機能が通常どおりご利用頂けますが、継続して御利用になられる場合は、ユーザー登録および代金のお振込みをお願いしています。
ユーザー登録をしていただき、お客様からのご入金が確認され次第、弊社より解除キーを送付させていただきます。
ユーザー登録はE-Mailにて、貴社名、部署名、担当者名、住所、TEL、FAX、E-Mailアドレスをお送りください。こちらより、振込みのお願いメールを送りますのでその後、ご送金ください。
また、Vectorでもご購入いただけます。


   ユーザー登録


◆ご送金方法について

以下の口座に振り込みください。なお、振込み手数料につきましては、お客様のご負担とさせて頂きます。予めご了承ください。

製品価格 \43,200(税込)

振込先
銀行
口座番号
名義人
三菱東京UFJ銀行 大塚支店(店番:171)
(普)1585948
ユ)シナジック


お振込み頂いた後の返金は基本的に行いません。テスト版(期間内)にて十分ご検討、ご確認いただいてからお振込みください。


   お問い合わせ




当ホームページに掲載された記事・写真・イラスト等の無断転載を禁じます。
Copyright (C) 2010-2017 Synergic inc. All rights reserved.